仮想通貨

【図解】コインチェックの取引所で仮想通貨を購入する方法

この記事では、Coincheck(コインチェック)の取引所で仮想通貨を購入する方法を図解します。

コインチェックには、取引所と販売所がありますが、ユーザー同士で取引する販売所の方が安く購入できます。コインチェックの取引所は、取引手数料が無料というメリットもあります。

マイページのホーム画面から注文する方法

取引所での注文は、マイページのホームに表示される「現物取引」の欄から行う方法と、より取引に特化した「トレードビュー」の画面で行う方法の2種類あります。

マイページのホームは、チャートを見ながらの取引や成行注文ができないため、シンプルな機能になります。しっかり取引したい場合は「トレードビュー」がおすすめです。

注文方法

①取引したい仮想通貨、②注文したいレート、③注文量を入力します。その後、④売り・買いの種別が「買い」になっていることを確認し、「注文する」をクリックします。

コインチェックでの注文方法

④は、やや表示がわかりにくいですが、選択されている方の枠が実線、選択されていない方の枠が点線で表示されます。真ん中に表示される「概算」は、入力した注文レートと注文量で約定した場合の金額が自動表示されるので、入力不要です。

デフォルトではビットコイン(BTC)の現物取引画面になっていますが、①の項目を切り替えることで、他の銘柄の取引も可能です。

コインチェックでの銘柄の切り替え方法

Coincheck(コインチェック)の取引所で取り扱いがある銘柄は、ビットコイン(BTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、ファクトム(FCT)、モナコイン(MONA)、パレットトークン(PLT)の5種類のみで、少ないです。

残念ながらイーサリアム(ETH)はありません。

【コインチェック】取扱い仮想通貨数No.1! メリット・デメリットを紹介コインチェック(Coincheck)は取扱い仮想通貨数が№1の国内仮想通貨取引所です。取引所・販売所の2種類があります。Coincheckでんきやガスといったインフラ系のサービスも展開しているという特色があり、仮想通貨を支払いに使うことができます。...

注文の確認方法

取引所では、ユーザー間で希望レートを提示し合い、売り希望のユーザーの提示価格と買い希望のユーザーの提示価格が一致したときに約定が行われます。

そのため、注文してすぐ約定するとは限りません。

自分が出している注文は、下部の「未約定の注文」をクリックすると表示されます。デフォルトでは、他のユーザーのものも含めた約定履歴である「全約定履歴」が表示されますので、クリックして切り替えます。

コインチェックでの注文履歴確認方法

なかなか待っても約定しない場合、ここから注文をキャンセルして、再度新しい注文を発注しましょう。

Coincheck(コインチェック)では、注文の変更はできないので、一旦キャンセルして再度注文をし直す必要があります。

トレードビューから注文する方法

まず、マイページのホーム画面から「トレードビュー」を選択し、画面を切り替えます。

コインチェックでのTradingView選択方法

注文方法

取引したい銘柄の選択は、上部の銘柄名をクリックすると選択できます。

コインチェックでのトレードビュー銘柄切り替え

トレードビューでは、成行注文が選択できるので、まず「注文」(指値注文)か「成行注文」かを選択します。その後、マイページのホーム画面で注文した場合と同様、レートと注文量を入力し、「買い注文」をクリックします。

コインチェックでのトレードビュー注文方法

注文の確認方法

自分が出した注文は、右側の「未約定の注文」に表示されます。

コインチェックでのトレードビュー注文確認方法

 まとめ

しっかり取引をしたいのであれば、トレードビューの方がおすすめですが、海外取引所に送金する目的で仮想通貨を購入するのであれば、ホーム画面からで十分です。

取引手数料が無料なのはうれしいですが、国内取引所はやはり銘柄、特に取引所対応ありの銘柄が少なすぎるので、さまざまな銘柄の取引がしたいのなら、Binance(バイナンス)などの海外取引所がおすすめです。

【Binance】世界最大級の仮想通貨取引所!メリット・デメリットを紹介世界最大級の仮想通貨取引所として人気があるのがBinance(バイナンス)です。取扱い仮想通貨の銘柄数や取引高が世界最大で、トレードだけではなくステーキングやDeFiなど多様な仮想通貨商品の取扱いがある取引所です。多様なサービスを提供しながらも手数料が低く、初心者から上級者まで多くのトレーダーに利用されています。...