EXNESSで仮想通貨FXをするメリット・デメリットは?

Exness(エクスネス)は、FXユーザーの中で高い人気を誇る海外FX業者です。

Exnessは仮想通貨(暗号資産)銘柄の取引条件もかなりいいため、仮想通貨ユーザーにもイチオシのブローカーです。

たぬき

知名度もバツグンの老舗ブローカーだよ!

以前は豊富な仮想通貨銘柄が取引できましたが、現在は経営方針を変え、ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ライトコイン(LTC)の3種類に絞って狭いスプレッドを提供しています。

この記事では、Exnessで仮想通貨取引をするメリットとデメリットを紹介します。

目次

Exnessの仮想通貨取引のメリットは?

Exness(エクスネス)は、仮想通貨FXの形式で取引ができる海外FX業者です。FX銘柄も含め狭いスプレッドが魅力でユーザー数が非常に多いです。

仮想通貨FXとは、仮想通貨の現物を売買するのではなく、買ったときと売ったときの差額のみのやり取りをするCFD取引です。

主なメリットは以下の通りです。

Exnessのメリット

✔ 仮想通貨のスプレッドが狭い

✔ 仮想通貨のレバレッジが400倍

✔ 仮想通貨銘柄がスワップフリー

✔ TradingViewに対応

✔ 土日も取引可能

✔ FXのスプレッドも狭い

✔ 安全性の高い大手海外FX業者

仮想通貨のスプレッドが狭い

Exnessは仮想通貨(暗号資産)のスプレッドが非常に狭いです。仮想通貨に力を入れる海外FX業者5社のビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)の平均スプレッド(手数料込み)を比較してみました。

海外FX業者ビットコインイーサリアム

Exness
ゼロ口座
約17ドル
(手数料分11ドル)
約1.5ドル
(手数料分1.25ドル)

XS
エリート口座
約13ドル
(手数料分6ドル)
約2.1ドル
(手数料分0.6ドル)

FXGT
プロ口座
約25ドル約2ドル

XMTrading
極口座
約27ドル約2.7ドル

Titan FX
ブレード口座
約25ドル約7.6ドル

ここ数年、Exnessは同じく仮想通貨銘柄に力を入れているFXGTと取引条件を競ってきました。現在はスプレッドの面ではExnessが勝っており、ビットコイン(BTC)でもイーサリアム(ETH)でも狭いスプレッドを提供しています。

ビットコイン(BTC)のスプレッドは新興海外FX業者のXSの方が有利ですが、XSは2023年にサービスを開始した新興ブローカーであるのに対して、Exness2008年創業の老舗ブローカーであり、安心して利用できるというメリットがあります。

あわせて読みたい
XS.comの評判は?特徴や口コミを紹介 XS.com(エックスエス)は、B2B企業として10年以上の歴史を持ち、グローバルで信頼されるブローカーです。B2B企業で培った豊富な経験を活かし、先進的なテクノロジーで...

仮想通貨のレバレッジが400倍

Exnessは、レバレッジの高さも魅力です。 海外FX業者では、仮想通貨銘柄のレバレッジはFX銘柄と比べて低く設定されることが多いため、Exnessのレバレッジ400倍はかなり高い水準です。

ライトコインドル(LTC/USD)とビットコイン南アランド(BTCZAR)のみ200倍です。

ほかの海外FX業者はポジション量が低いうちはレバレッジを高くするダイナミックレバレッジを採用していることが多いので、最大レバレッジの数字はExnessよりも高いこともあります。

あわせて読みたい
海外FX業者の仮想通貨銘柄のレバレッジを比較!ダイナミックレバレッジとは? 海外FX業者で仮想通貨(暗号資産)銘柄を取引する際はレバレッジも重要ですが、海外FX業者の仮想通貨銘柄のレバレッジの仕組みは複雑です。 前提として、仮想通貨銘柄の...

ただし、ビットコイン(BTC)2ロット以上になっても400倍のレバレッジを利用できる海外FX業者は少ないため、ある程度のボリュームをトレードする人にとってはExnessのレバレッジはメリットがあります。

らっこ

Exnessが仮想通貨銘柄に力を入れていることがわかるね

例えば、このダイナミックレバレッジを採用しているFXGTは最大レバレッジは1000倍と高いですが、ビットコイン(BTC)2ロット(1BTC=5万ドルのとき10万ドル)以上をトレードすると、レバレッジが50倍に引き下げられてしまいます。

なお、ExnessはFX銘柄のレバレッジも高く、最大2000倍(一定の条件を満たせば無制限)のレバレッジを提供しています。 FX銘柄については口座残高によるレバレッジ制限が適用されますが、かなり緩い制限なのでほとんどの人がハイレバの恩恵を受けられるでしょう。

口座残高最大レバレッジ
1,000ドル未満2,000倍
(条件を満たせば無制限)
5,000ドル未満2,000倍
30,000ドル未満1,000倍
30,000ドル以上500倍

もちろん、入金分以上の損失が発生しない、ゼロカットも完備しているので、安心してトレードができます。

たぬき

海外FXではほとんどの業者がゼロカット対応だよ!

国内のFX業者では、急な値動きで強制ロスカットが間に合わず、マイナス残高になってしまった場合は追証を支払わなければなりません。しかし、ゼロカット対応の海外FX業者なら、マイナス残高分はブローカーが負担してくれます。

仮想通貨銘柄がスワップフリー

Exnessの仮想通貨銘柄では、全口座タイプで「スワップフリー」のサービスが利用できます。

らっこ

スワップ負担がないのはうれしいね

「スタンダードスワップフリー」と「優待スワップフリー」の2種類があり、「優待スワップフリー」の方が対象が広いです。「優待」という名称ですが、全ユーザーが利用できます。

「優待スワップフリー」は口座開設をすると自動的に利用できるようになります。しかし、トレードをほとんどせずに長期間ポジションを保有するなどの使い方をすると、Exnessの判断でスタンダードスワップフリーに引き下げられてしまいますので注意が必要です。

スタンダードスワップフリーは仮想通貨銘柄3種類(BTCUSD、ETHUSD、LTCUSD)のみ対象で、ドル建て以外の仮想通貨銘柄(BTCJPYなど)やFX通貨ペアなどのほかの区分は対象外です。

優待スワップフリーになると、ドル建て以外の取引ペアも含めた全ての仮想通貨銘柄がスワップフリーになります。そのほか、取引量の多いFX通貨ペアやゴールド、株式、インデックスにもスワップフリーが適用されます。

たぬき

Exnessの優待スワップフリーは海外FX業者の中でも人気だよ

海外FX業者の仮想通貨銘柄のスワップポイントは売りも買いもマイナスに設定されていることが多いので、Exnessのスワップフリーのサービスは非常に人気があります。

あわせて読みたい
海外FX業者の仮想通貨スペックを比較! スプレッド・銘柄数・レバレッジ・スワップポイントに注目 海外FX業者の仮想通貨(暗号資産)銘柄はおまけのような扱いであまり取引条件がよくない時期もありましたが、最近は仮想通貨に力を入れる海外FX業者も増えてきています...

TradingViewのチャート

Exness(エクスネス)は、日本語対応の海外FX業者の中で初めて、TradingViewベースの取引ツールを導入しました。

ExnessのTradingView

TradingViewとは、使いやすい高機能なチャートツールです。Oandaなど一部の国内FX業者は対応していましたが、海外FX業者は対応しておらず、TradingViewに対応することを期待する声が大きかったです。

仮想通貨取引所ではTradingViewベースの取引ツールが使われることが多いので、同じツールで取引できる点が仮想通貨からFXに入ったトレーダーにとって人気です。

TradingViewベースの取引ツールは、TradingViewの機能をベースに各海外FX業者や仮想通貨取引所が自社用にカスタマイズした取引ツールです。TradingView公式サイトで利用できるものよりは機能が少なくなります。

ExnessでのTradingViewの使い方は、この記事にまとめました。

あわせて読みたい
【Exness】TradingViewの使い方 Exness(エクスネス)は取引ツールの種類が海外FX業者の中でもずば抜けて多いという特徴があります。 埋め込み型のTradingView(トレーディングビュー)でも取引ができ...

土日も取引可能

Exnessは、土日も仮想通貨銘柄の取引が可能です。

海外FX業者の一部は土日は仮想通貨の取引はできません。メインの取扱い銘柄であるFX銘柄が休場となるため、仮想通貨のためだけに社員を出社させれないという事情もあると思いますが、土日に急騰・急落があった際に決済できないのは不便ですよね。

仮想通貨は動く値幅が大きいので、土日取引できない海外FX会社を使う場合、金曜日にポジションクローズをしないといけなくなるかもしれません。

たぬき

EXNESSなら、週末の不安はないよ!

トレードスタイルにもよりますが、基本的には土日も取引ができる海外FXブローカーをおすすめします。

各海外FX業者の土日対応状況は以下の記事にまとめています。

あわせて読みたい
土日も仮想通貨を取引できる海外FX業者は? サポート時間に注意 海外FX業者はもともと土日に取引が行われないFX銘柄が中心だったため、以前は土日は取引できないブローカーが多かったです。 しかし、土日に暴落・暴騰が起きるリスクな...

FXのスプレッドも狭い

ExnessはFX銘柄のスプレッドが非常に狭く、業界トップクラスです。仮想通貨とFX通貨ペアを同時にトレードする方にとっては、この点も大きなメリットになります。

スプレッドの狭いブローカーとして有名なTitan FXのブレード口座と、Exnessのプロ口座のスプレッドを比較してみました。(※Titan FXは、手数料往復7ドル分をスプレッドに加算して比較

通貨ペアTitan FXExness
ドル円1.1pips0.6pips
ユーロドル0.7pips0.5pips
ポンドドル1.3pips0.6pips
豪ドル米ドル0.8pips0.9pips
ゴールド1.8pips1.8pips

全ての銘柄で、Exnessの方がスプレッドが狭いか、同じという結果になりましたね。

Traders TrustのVIP口座など、最低入金額が数十万円以上に設定されている大口顧客用の口座と同程度の水準で、国内FX業者の水準に近くなっています。

海外FX業者の口座タイプ

海外FX業者は一般的に、取引コストがスプレッドのみの口座タイプと、スプレッドに加えて取引手数料が必要な口座タイプを用意しています。

一般的には取引手数料が必要な口座タイプの方がトータルの取引コストが低く設定されていますが、Exnessは例外で、スプレッドのみのプロ口座が最も取引コストが押さえられる口座タイプとなっています。

あわせて読みたい
海外FXでスタンダード口座と他の口座はどっちがお得? 海外FXでは、だいたいどこの業者も、複数の口座を用意しています。その中でも、一般的にスタンダード口座と呼ばれる取引手数料なしの口座と、ECN口座とも呼ばれる取引手...

安全性の高い大手海外FX業者

Exnessの創業は2008年で、海外FX業者の中でも老舗です。日本に進出してきたのはつい最近ですが、海外では知名度のあるブローカーです。

さらに、サッカーのレアルマドリードとのスポンサー契約を結んでいます。海外FX業者というと、怪しいと感じる人もいますが、単に日本の金融ライセンスを取っていないだけで、取得が厳しいとされるイギリスの金融行為監督機構(FCA​)のライセンスも取得しているきちんとした業者です。

らっこ

だから有名なサッカーチームとも提携できるんだね!

レアルマドリードの公式サイト内にも、Exnessとスポンサー契約を締結した際の記事が掲載されています。

レアルマドリード公式サイト内のEXNESS記事

また、海外FX業者の中では珍しく、財務報告書を公表しています。監査会社は世界的に有名なデロイト社です。 財務報告書専用ページが用意してあり、取引量や顧客の出金額などを確認することができます。

EXNESS財務報告書

財務報告書まで開示している海外FXはほぼないため、透明性のある海外FX業者を利用したい人にはイチオシのブローカーです。

あまり知られていないですが、海外FX業者の金融ライセンスには「格」があり、セーシェルライセンスはその中でも格上です。

日本や欧州などの金融ライセンスは規制が厳しいため、ハイレバレッジやボーナスなどユーザーにメリットのあるサービスを提供できません。そのため、海外FX業者はセーシェルやバヌアツなど、規制の緩い国で金融ライセンスを取得しています。これを「オフショアライセンス」と呼びます。

ハイレバレッジやボーナスに関する規制を避けるためにオフショアライセンスにしているわけですが、顧客の資産保護に関する規制は、厳しい方が安心できますよね。

その点セーシェルは、日本人向けに営業している海外FX業者が取得しているライセンスの中でも、一番顧客保護がしっかりしていると言われています。

セーシェルライセンスを取得しているのは大手の海外FX業者が多く、Exnessの他には、XMTrading(XM)やFXGTなどがあります。

たぬき

顧客保護に熱心なのは高評価!

Exnessの仮想通貨取引のデメリット

ここからは、気になるExness(エクスネス)の仮想通貨(暗号資産)取引デメリットを紹介します。

らっこ

らっこが忖度なしでジャッジ!

Exnessのデメリット

✔ 仮想通貨銘柄が3種類のみ

✔ ボーナスがない

✔ 土日のチャットサポートがない

仮想通貨銘柄が3種類のみ

Exnessで取扱いのある仮想通貨銘柄は、ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ライトコイン(LTC)3種類のみと少ないです。

取引ペアの数は10種類ありますが、BTCTHB(ビットコイン/タイ・バーツ)などExnessが展開する地域の通貨とのペアもありますので、日本人が使うと思われる銘柄は実質的に以下の6種類のみです。

日本人が取引する銘柄BTCJPY(ビットコイン/円)
BTCUSD(ビットコイン/ドル)
BTCXAG(ビットコイン/シルバー)
BTCXAU(ビットコイン/ゴールド)
ETHUSD(イーサリアム/ドル)
LTCUSD(ライトコイン/ドル)
現地通貨建てBTCAUD(ビットコイン/豪ドル)
BTCCNH(ビットコイン/オフショア人民元)
BTCTHB(ビットコイン/タイバーツ)
BTCZAR(ビットコイン/南アランド)

Exnessは以前は数十種類の仮想通貨銘柄を提供していて、むしろ種類の豊富さに力を入れている海外FX業者でしたが、最近方針転換して取引量の多い3種類のみに絞っています。

FXGTXMTradingなど、仮想通貨に力を入れているほかの海外FX業者は現在も数十種類の銘柄を用意していますので、この点はExnessのデメリットといえます。

ほかの海外FX業者の仮想通貨銘柄はこちらの記事で比較しています。

あわせて読みたい
仮想通貨の種類が多い海外FX業者は?全12社の銘柄数を比較! 最近ではほとんどの海外FX業者が仮想通貨(暗号資産)を取り扱っています。 ビットコインなどのメジャー銘柄以外を取引したい方も多いでしょう。 それには取り扱い銘柄...

ボーナスがない

XMTrading(XM)など、海外FXの特徴と言えばボーナスですが、Exnessにはボーナスはありません。

海外FX業者は、ボーナスを積極的に提供する代わりにスプレッドが広めの会社と、ボーナスを提供しない代わりにスプレッドが狭めの会社の二つに分けられます。ボーナスを提供している会社の方が注目を集めがちですが、ボーナスあり業者・なし業者で数としては半々程度なので、Exnessが特に珍しいわけではありません。

たぬき

ボーナスなしの代わりにスプレッドで勝負してるんだよ!

あわせて読みたい
海外FX業者のボーナスまとめ【口座開設ボーナス・入金ボーナス・取引ボーナス】 仮想通貨(暗号資産)取引所にもボーナスはありますが、海外FX業者はより豪華なボーナスを提供しています。主な種類は、口座開設ボーナス、入金ボーナス、取引ボーナス...

海外FX業者で仮想通貨の取扱いがあるのは、どちらかというと上級者向けのブローカーが多いので、むしろボーナスがない方が主流です。ボーナスを使いたい人は、FXGTがおすすめです。

土日のチャットサポートがない

Exnessは土日も仮想通貨を取引できる海外FX業者ですが、土日は日本語チャットサポートに対応していません。

平日も24時間ではなく午前8時~深夜0時までなので、24時間日本語チャットサポートを提供している海外FX業者よりも使い勝手は悪くなります。

ただ、土日も24時間の日本語チャットサポートを提供している海外FX業者はFXGTTitan FXのみなので、この2社以外の海外FX業者と比較すると不利にはなりません。

Exnessは主要3仮想通貨のトレーダーに最適

Exness(エクスネス)は仮想通貨の取引条件が非常にいい海外FX業者です。FX銘柄の取引条件もよいため、併用目的で使う場合にも最適です。

ただし、やはり一番のネックは取引できる仮想通貨が3種類しかないことです。

仮想通貨FXの取引条件だとFXGTExnessがツートップなので、豊富な銘柄の取引をしたい方は、FXGTの取引条件も見て比較してみてください。

あわせて読みたい
【FXGT】仮想通貨で人気No.1の海外FX業者! メリット・デメリットを徹底解説 FXを試してみたい仮想通貨(暗号資産)ユーザーや、FXブローカーの口座にある資金で仮想通貨トレードをしたい人のために、仮想通貨の取り扱いがある海外FX業者を紹介し...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次