【FXGT】仮想通貨で人気No.1の海外FX業者! メリット・デメリットを徹底解説

FXを試してみたい仮想通貨(暗号資産)ユーザーや、FXブローカーの口座にある資金で仮想通貨トレードをしたい人のために、仮想通貨の取り扱いがある海外FX業者を紹介します。

今仮想通貨銘柄が充実している海外FX業者として人気No.1なのはFXGTです。

FX銘柄のスプレッドがやや広めですが、仮想通貨銘柄のスプレッドは狭いため、仮想通貨もしっかり取引したい人にはおススメのブローカーです。

たぬき

ボーナスでも人気だよ!

目次

FXGTの仮想通貨FXのメリット

FXGTは、仮想通貨FXの形式で取引ができる海外FX業者です。

仮想通貨FXとは、仮想通貨の現物を売買するのではなく、買ったときと売ったときの差額のみのやり取りをするCFD取引です。

CryptGTという仮想通貨取引所を母体として設立されたので仮想通貨(暗号資産)に特化したFX業者として有名で、以下のようなメリットがあります。

FXGTの仮想通貨FXのメリット

✔ 仮想通貨のスプレッドが狭い

✔ 最大1000倍のハイレバレッジ

✔ 土日も24時間チャットサポート

✔ 仮想通貨の種類が豊富

✔ 仮想通貨による入金手段が豊富

✔ ボーナスが豪華

✔ 安心できるセーシェルライセンス

仮想通貨のスプレッドが狭い

FXGTは仮想通貨のスプレッドが非常に狭く、仮想通貨に力を入れている海外FX業者5社の中でも3番手の水準です。

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)の平均スプレッド(手数料込み)を比較してみました。

海外FX業者ビットコインイーサリアム

Exness
ゼロ口座
約17ドル
(手数料分11ドル)
約1.5ドル
(手数料分1.25ドル)

XS
エリート口座
約13ドル
(手数料分6ドル)
約2.1ドル
(手数料分0.6ドル)

FXGT
プロ口座
約25ドル約2ドル

XMTrading
極口座
約27ドル約2.7ドル

Titan FX
ブレード口座
約25ドル約7.6ドル

FXGTのスプレッドは、ExnessXSと比較するとやや広くなりますが、XMTradingTitan FXと比較すると狭いです。

Exnessは仮想通貨の取り扱いを主要3銘柄のみに絞っている点、XSは最近設立されたばかりで安定性がまだわからないことを考えると、仮想通貨銘柄の使い勝手がいい海外FX業者の中では一番スプレッドが狭いといえます。

たぬき

バランスがいいんだね!

あわせて読みたい
EXNESSで仮想通貨FXをするメリット・デメリットは? Exness(エクスネス)は、FXユーザーの中で高い人気を誇る海外FX業者です。 Exnessは仮想通貨(暗号資産)銘柄の取引条件もかなりいいため、仮想通貨ユーザーにもイチオ...

最大1000倍のハイレバレッジ

FXGTでは、仮想通貨銘柄で最大1000倍の超ハイレバレッジを提供しています。国内の仮想通貨FXは、金融庁の規制によりレバレッジが2倍に制限されているため、それと比べるととても有利なレバレッジです。

ただし、FXGTは保有ポジション量が増えると段階的にレバレッジが引き下げられるダイナミックレバレッジを採用している点に注意が必要です。

口座タイプや銘柄によってダイナミックレバレッジの設定は異なりますが、Crypto Max口座以外の口座タイプのビットコイン等の主要仮想通貨では以下のダイナミックレバレッジが適用されます。

取引量
FXGT
5,000ドル未満1000倍
1万ドル未満800倍
5万ドル未満400倍
10万ドル未満100倍
20万ドル未満50倍
20万ドル以上20倍

1BTC=5万ドルのときにこのダイナミックレバレッジの基準で計算すると、400倍以上で取引できるのは1ロット未満の場合のみです。

それ以上は100倍に引き下げられますので、少額でトレードする場合を除けば、実質のレバレッジは100~500倍程度と考えたほうがいいでしょう。

FXGTは最大レバレッジは高いもののレバレッジ引き下げのスピードが速いのも特徴です。大きなロットでもハイレバレッジで取引したい方は、ほかの海外FX業者の方が向いています。

海外FX業者の仮想通貨銘柄のレバレッジについてはこちらの記事にまとめました。

あわせて読みたい
海外FX業者の仮想通貨銘柄のレバレッジを比較!ダイナミックレバレッジとは? 海外FX業者で仮想通貨(暗号資産)銘柄を取引する際はレバレッジも重要ですが、海外FX業者の仮想通貨銘柄のレバレッジの仕組みは複雑です。 前提として、仮想通貨銘柄の...

土日も24時間チャットサポート

最近はFX市場の閉まる土日も仮想通貨の取引ができる海外FX業者は増えてきましたが、24時間のチャットサポートを提供している海外FX業者は少ないです。

FXGTは土日に取引ができるだけでなく、貴重な24時間サポートに対応しています。

たぬき

何かあったときも安心だね!

海外FX業者の土日の取引状況、サポート状況についてはこちらの記事にまとめました。

あわせて読みたい
土日も仮想通貨を取引できる海外FX業者は? サポート時間に注意 海外FX業者はもともと土日に取引が行われないFX銘柄が中心だったため、以前は土日は取引できないブローカーが多かったです。 しかし、土日に暴落・暴騰が起きるリスクな...

仮想通貨の種類が豊富

FXGTでは豊富な仮想通貨を取引できます。

取引可能な銘柄が多いのはプロ口座とクリプトマックス(Crypto Max)口座で、それぞれ25種類、18種類の仮想通貨が取引できます。取引ペアも豊富で、ドル建て・円建て・ユーロ建てに加えて仮想通貨建てのペアもあります。

プロ口座とクリプトマックス口座では、共通で取引できる銘柄とそれぞれでしか取引できない銘柄があり、すべて合わせると33種類が取引できます。

プロ口座
Crypto Max口座
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
XRP
エイダコイン(ADA)
ドージコイン(DOGE)
ポルカドット(DOT)
ステラルーメン(XLM)
柴犬コイン(SHB)
ソラナ(SOL)
プロ口座のみコンパウンド(COMP)
チェーンリンク(LINK)
マティック(MATIC)
ユニスワップ(UNI)
アーべ(AAVE)
チリーズ(CHZ)
クロノス(CRO)
デジバイト(DGB)
エンジンコイン(ENJ)
マナ(MANA)
レン(REN)
シンセティック(SNX)
シータ(THETA)
0x(ZRX)
Crypto Max口座のみビットコインSV(BSV)
ダッシュ(DASH)
イオス(EOS)
アイオタ(IOT)
トロン(TRX)
モネロ(XMR)
テゾス(XTZ)
ビルド・アンド・ビルド(BNB)

33種類の仮想通貨が取引できるのは日本語対応の海外FX業者の中でも上位5位に入る多さなので、銘柄数に強みがあるブローカーといえます。

あわせて読みたい
仮想通貨の種類が多い海外FX業者は?全12社の銘柄数を比較! 最近ではほとんどの海外FX業者が仮想通貨(暗号資産)を取り扱っています。 ビットコインなどのメジャー銘柄以外を取引したい方も多いでしょう。 それには取り扱い銘柄...

仮想通貨による入金・出金方法が豊富

FXGTは仮想通貨による入金方法・出金方法が豊富で、以下の6種類が対応しています。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. カルダノ(ADA)
  5. ERC-20のテザー(USDT)
  6. TRC-20のテザー(USDT)

ERC-20のテザーはイーサリアムネットワーク、TRC-20のテザーはトロンネットワークでそれぞれ利用できるテザーです。TRC-20の方が送金手数料が安く人気です。

海外FX業者は、最近ビットコイン入金対応のブローカーが増えてきましたが、仮想通貨による入金手段はそれほど豊富ではありません。6種類に対応しているFXGTは特に選択肢が豊富です。

マイページにログインする際には、二段階認証は行われませんが、出金時には二段階認証が行われますので、仮想通貨取引所と同様の対策が講じられています。

ボーナスが豪華

海外FXの特徴として、口座開設や入金など特定のタイミングで「ボーナス」が付与されます。これは、入金した金額と同じように証拠金として利用できる、お得なものです。

たぬき

軍資金が増えるよ!

FXGTは、口座を開設するだけで無料で受け取れる「口座開設ボーナス」が1万5000円と高額なことで人気があります。

入金ボーナスも高額で、初回入金に適用される「Welcomeボーナス」は8万円まで、2回目の入金に適用される「次回入金ボーナス」は15万円まで入金額に対して100%のボーナスが付与されます。

合計23万円分も100%入金ボーナスが受け取れるのはほかの海外FX業者と比べても豪華です。ボーナスで資金が倍以上になるので、自己資金のみでトレードしていた場合と比較すると、2倍のポジションを持てるようになり、資金を倍のスピードで増やしていけます。

あわせて読みたい
海外FX業者のボーナスまとめ【口座開設ボーナス・入金ボーナス・取引ボーナス】 仮想通貨(暗号資産)取引所にもボーナスはありますが、海外FX業者はより豪華なボーナスを提供しています。主な種類は、口座開設ボーナス、入金ボーナス、取引ボーナス...

3回目以降の入金でも「Unlimited Loyaltyボーナス」が利用でき、最大120万円まで25、35、50%のボーナスを受け取ることができます。

らっこ

まとめて入金した方がボーナス率が高くなるよ!

そして、FXGTのボーナスは、もちろん「クッション機能あり」です。

海外FX業者のボーナスのクッション機能とは、自己資金がゼロになってもボーナスが消滅せず、トレードを続行できる機能のことです。

最近はボーナスが豪華な海外FX業者も仮想通貨に力を入れており、XMTradingBigBossでも数万円分の100%入金ボーナスを受け取ることができます。

ボーナスありでトレードしたい人は、FXGTがおすすめです。ボーナスについて詳しくはこの記事にまとめました。

あわせて読みたい
【FXGT】口座開設ボーナスが15,000円で超豪華!100%・50%・25%の入金ボーナスも充実 FXGTはボーナスが豪華なブローカーとして有名です。 口座開設ボーナス(未入金ボーナス)が15,000円と海外FX業者の中でも最大規模なので、海外FXデビューした人がまず口...

安心できるセーシェルライセンス

あまり知られていないですが、海外FX業者の金融ライセンスには「格」があり、セーシェルライセンスはその中でもやや格上です。

日本や欧州などの金融ライセンスは規制が厳しいため、ハイレバレッジやボーナスなどのユーザーにメリットのあるサービスを提供できません。そのため、海外FX業者は規制の緩い国で金融ライセンスを取得しています。これを「オフショアライセンス」と呼びます。

ハイレバレッジやボーナスに関する規制を避けるためにオフショアライセンスにしているわけですが、顧客の資産保護に関する規制は、厳しい方が安心できますよね。その点セーシェルは、日本人向けに営業している海外FX業者が取得しているライセンスの中でも、一番顧客保護がしっかりしていると言われています。

運営会社である「360 Degrees Markets Ltd」がセーシェルのライセンスをきちんと保有していることは、セーシェル金融サービス庁(FSA)のサイトで確認済みです。

セーシェル金融庁のFXGT登録

セーシェルライセンスを取得しているのは大手の海外FX業者が多く、FXGTの他には、XMTradingEXNESSなどがあります。

たぬき

持っているライセンスで顧客保護に対する真剣さを図れるよ!

FXGTの仮想通貨FXのデメリット

ここからは、気になるFXGTの仮想通貨FXのデメリットを紹介します。

らっこ

らっこが忖度なしでジャッジ!

FXGTの仮想通貨FXのデメリット

✔ レバレッジの引き下げスピードが速い

✔ スワップポイントが高い

✔ MT4に対応していない

✔ ストップレベルが広い

✔ FX銘柄のスプレッドが広い

レバレッジの引き下げスピードが速い

FXGTは最大レバレッジは高い海外FX業者ですが、レバレッジの引き下げスピードは速いです。

保有するポジション量でレバレッジが引き下げられるダイナミックレバレッジを採用しているほかの海外FX業者と比較すると、ポジション量が1万ドル(1BTC=5ドルのとき0.2ロット)を超えるとFXGTの方がレバレッジが低くなってしまいます。


XS

FXGT

XMTrading
5,000ドル未満500倍1000倍500倍
1万ドル未満800倍
5万ドル未満400倍
10万ドル未満100倍
20万ドル未満200倍50倍
50万ドル未満20倍
100万ドル未満50倍
150万ドル未満25倍250倍
200万ドル未満10倍
325万ドル未満5倍
575万ドル未満50倍
575万ドル以上1倍

ポジション量の大きい取引をするときは、400倍の固定レバレッジを採用しているEXNESSか、レバレッジの引き下げスピードが遅いXMTradingがおすすめです。

あわせて読みたい
海外FX業者の仮想通貨銘柄のレバレッジを比較!ダイナミックレバレッジとは? 海外FX業者で仮想通貨(暗号資産)銘柄を取引する際はレバレッジも重要ですが、海外FX業者の仮想通貨銘柄のレバレッジの仕組みは複雑です。 前提として、仮想通貨銘柄の...

スワップポイントが高い

FXGTはスワップポイントの負担が大きい海外FX業者です。

海外FX業者の仮想通貨FXのスワップポイントは売りも買いもマイナススワップのことが多いですが、FXGTは片方が+スワップになるように設定されています。その分ほかの海外FX業者と比較するとマイナススワップの負担が大きいです。

FXGTは以前は仮想通貨FXでスワップフリーのサービスを提供していましたが、現在は廃止しています。

デモ口座で1BTCを購入し、約3か月放置した場合の検証では、3か月で44万円分スワップポイントでマイナスとなりました。33,000ドル台で購入して55,000ドル台に値上がりしたため240万円の利益が出ていますが、利益の6分の1がスワップポイントで消えてしまっています。

ビットコインスワップポイント

このため、FXGTは短期トレード向けと言えるでしょう。長期保有する場合には、スワップポイントが発生しないEXNESS(エクスネス)がおすすめです。

あわせて読みたい
EXNESSで仮想通貨FXをするメリット・デメリットは? Exness(エクスネス)は、FXユーザーの中で高い人気を誇る海外FX業者です。 Exnessは仮想通貨(暗号資産)銘柄の取引条件もかなりいいため、仮想通貨ユーザーにもイチオ...

ユーザーからするとスワップポイントが高いのはかなりのマイナスポイントですが、スプレッドが狭くボーナスが豪華ということを考慮すると、仕方のない面もあります。

たぬき

スワップポイントも海外FX業者の収益源だからね。

短期トレードメインの人にはスワップポイントの影響は少ないため、自分のトレードスタイルに応じて活用しましょう。

MT4に対応していない

取引ツールとしてメタトレーダーシリーズのMT4とMT5を両方採用している海外FX業者が多いですが、FXGTはMT5しか提供していません。

MT4もMT5も採用していない海外FX業者はiForexのみで、ほとんどの海外FX業者はどちらかを提供しています。

MT5の方が新型で、性能はアップしています。メタトレーダーシリーズは自動売買ツールやインジケータを追加してカスタマイズできるのが特徴ですが、MT5ではこのカスタマイズ用のファイルがまだあまり販売されていないため、これまで通りMT4の方を使いたいという人が多い状況です。

らっこ

性能的にはMT5の圧勝だけどね

カスタマイズ用のファイル(カスタムインジケータ・EA)の問題はどうにもなりませんが、基本的な操作はMT4と同じなので、MT5に慣れている人は直観で簡単に操作できるようになります。動作がサクサクで使いやすいので、この機会に試して見るのもいいでしょう。海外FXが初めての人は、最初からMT5を使っていくことをおすすめします。

ストップレベルが広い

「ストップレベル」とは、現在のレートからどれだけ離れた場所に決済のための予約注文(指値・逆指値注文)を入れられるかを示す数値です。

ストップレベルが5Pipsに設定されていると、例えば現在レートが100円だった場合、上下に5Pips、つまり99.95円~100.05円の範囲には決済予約注文を入れることができないということになります。

ストップレベルの仕組み

5Pipsの例で説明しましたが、FXGTはこのストップレベルが高く、主要仮想通貨銘柄でこのようになっています。

銘柄名ストップレベル
BTCUSD1.8ドル
ETHUSD0.11ドル
LTCUSD0.099ドル

スキャルピングなどで、損切りや利益確定を狭くするトレードスタイルの方には向かないブローカーと言えるでしょう。しかし、逆に言えば、損切りや利益確定をそれほどタイトに設定しない人にとっては、そこまでデメリットにはなりません。

ストップレベルは予約注文が入れられないだけで、成行での決済は可能です。

以前は多くの海外FX業者がストップレベルを採用していましたが、ユーザーからの評判はよくないため、廃止する海外FX業者も増えています。FXGTも数年前の水準からはストップレベルがかなり引き下げられていますが、完全廃止には至っていません。

ストップレベルがない海外FX業者にはEXNESSがあります。

FX銘柄のスプレッドが広め

FXGTは、仮想通貨銘柄のスプレッドは狭いですが、その分FX銘柄のスプレッドはやや広めです。FX通貨ペアの取引できる4つの口座タイプのうち、コスト的に有利なプロ口座・ECN口座でも、ドル円が1.3~1.5pips程度です。

FX通貨ペアもよく取引する人は、こちらのスプレッドが狭い海外FX業者の方が向いているかもしれません。

EXNESSXSはFX通貨ペアのスプレッドも狭いです。

あわせて読みたい
海外FX業者の仮想通貨スペックを比較! スプレッド・銘柄数・レバレッジ・スワップポイントに注目 海外FX業者の仮想通貨(暗号資産)銘柄はおまけのような扱いであまり取引条件がよくない時期もありましたが、最近は仮想通貨に力を入れる海外FX業者も増えてきています...

仮想通貨、特に銘柄数の多さに力を入れている海外FX業者はFX通貨ペアのスプレッドはあまり狭くない傾向があります。

仮想通貨もFXも両方スプレッドが狭いのがベストですが、現状両方有利な海外FX業者は少ないです。証拠金を共通で使用できるというメリットがありますので、どちらがメインにしたいか考えて使う海外FXブローカーを選ぶのがおすすめです。

FXGTは銘柄数とボーナスが魅力

FXGTのスプレッドも狭いほうですが、スプレッドやスワップポイントの面ではやはりExnessが優位です。

FXGTは、銘柄数の多さやボーナスが主な魅力の海外FX業者です。サポートも丁寧なので、初心者の方にもおすすめできます。

FXGT口座開設

口座開設方法はこの記事で解説しています。

あわせて読みたい
【FXGT】口座開設方法を図解!出金時でもOK 仮想通貨銘柄の豊富さや、スプレッドの狭さで人気のFXGTの口座開設方法を図解します。 FXGTは、BigBoss(ビッグボス)などと同様に、口座開設時の本人確認は必須ではな...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次