仮想通貨

【図解】エアドロップに必須!MetaMaskウォレットの作成方法

Binance(バイナンス)やFTXなどの仮想通貨取引所のウォレットではエアドロップを受け取ることができないため、別のウォレットが必要です。

この記事では、汎用性の高いMetaMask(メタマスク)のウォレットを作成する方法や、エアドロップで使えるようにバイナンススマートチェーン(BSC)ネットワークを追加する方法をわかりやすく図解します。

MetaMaskのウォレットを開設する方法

ここでは、代表的なブラウザであるGoogle ChromeでMetaMask(メタマスク)を利用する方法を解説します。

MetaMask拡張機能を追加

まずはChromeウェブストアから「MetaMask」の拡張期機能を追加しましょう。

Chromeウェブストアへ

MetaMask拡張機能追加

BraveやFireFoxでも、Chromeと同様に拡張機能からMetaMaskをインストールして下さい。スマートフォンの方は、モバイルアプリをインストールしましょう。

「MetaMaskにようこそ」のメッセージが表示されるので、「開始」をクリックします。

MetaMaskにようこそ

ウォレットの作成

インストールが完了したら、「ウォレットの作成」をクリックします。

MetaMaskウォレットの作成

次に「MetaMaskの品質向上へのご協力のお願い」が表示されるので、「同意します」をクリックします。

MetaMask品質向上へのご協力のお願い

その後、パスワードの設定画面に移行するので、任意のパスワードを設定しましょう。また、パスワードはブラウザ起動時のMetaMaskログインの際に必要になりますので、必ず覚えておきましょう。

MetaMaskパスワード入力

8文字以上のパスワードを入力したら、使用条件への同意にチェックを入れ、「作成」をクリックします。

その後、「ウォレットの保護」というページが表示され、「リカバリーフレーズとウォレットを安全に保つ方法」が説明されます。

MetaMaskウォレット保護のビデオ

中身は英語なので、わからない人は飛ばして「次へ」をクリックしてもOKですが、ここで解説されている重要な点は覚えておいてください。

・リカバリーフレーズは、アクセスできなくなった場合に「マスターキー」の役割を果たす重要なものなので必ず保存すること

・MetaMask運営も含め、リカバリーフレーズを誰にも教えてはならない

・MetaMask運営に問い合わせてもリカバリーフレーズはわからない。つまり自分が忘れたら永久に失われてしまう

リカバリーフレーズを保管する

次に、ビデオで説明された最も重要な「リカバリーフレーズシードフレーズ)が表示されます。「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」をクリックして、中の文字列を確認してください。

通常のパスワードのような10文字程度の文字列ではなく、スペースも含めた長い英語の文章で表示されます。

リカバリーフレーズ

確認できたら、ウォレットの復元や再インポートに必要になりますので、忘れないように必ず保存しておきましょう手書きでもテキストメモでもなんでもいいです。

動画で説明された通り、MetaMask運営であっても、リカバリーフレーズを復元することはできません。

たぬき
たぬき
絶対忘れたらダメなんだね!

また、このフレーズを入力すると全ての機能が使用可能になります。つまり、第三者に知れ渡ると資産が盗まれるリスクがありますので、厳重に扱いましょう。

MetaMaskは分散型金融(DeFi)や分散型取引所(DEX)を利用する際に様々な用途で使用できます。仮想通貨の売買やスワップ、DEXでのトレードやイールドファーミングなど、MetaMaskに資金を入れておくことでほとんどのDeFiサービスを利用できます。

今後使いたいときに困らないよう、しっかりと保管しておいてください。絶対に紛失することのないように複数端末または、複数のメモで必ず厳重に保管しましょう。

保存が終わったら、「次へ」をクリックします。

リカバリーフレーズを入力する

次は、リカバリーフレーズ(シードフレーズ)の確認画面です。先ほど保存したリカバリーフレーズを参照しながら、同じ順番になるように選択していきます。

リカバリーフレーズの入力

リカバリーフレーズを正しく入力し、「確認」をクリックすると、MetaMaskの開設は完了です。

MetaMaskリカバリーフレーズ入力完了

完了画面が表示されるので、「すべて完了」をクリックしてください。

MetaMaskにBSCネットワークを追加する方法

MetaMaskは、デフォルト設定のままではイーサイアムネットワークにしか対応していませんので、「カスタムRPC」としてバイナンススマートチェーン(BSC)を追加します。

エアドロップの案件では、このBSCが指定される場合が多いため、追加が必要になります。

まず、上部の「イーサリアムネットワーク」をクリックして、カスタムRPCを選択します。

MetaMaskカスタムRPC

入力画面が表れたら、必要事項を入力し、「保存」をクリックします。

MetaMaskカスタムRPC入力画面

入力事項は下記のようにしてください。

ネットワーク名 Smart Chain
新しいRPC URL https://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID 56
シンボル BNB
ブロックエクスプローラーURL https://bscscan.com

「保存」をクリック後、完了画面などは表示されませんが、エラーにならなければ正常に追加されています。

これで、ネットワーク選択画面から「Smart Chain」を選択できるようになりました。

MetaMaskカスタムPRC

また、イーサリアムネットワークを利用したいときは「イーサリアム メインネット」を再度選択して切り替えてください。

ネットワーク選択に注意

エアドロップを受け取る仮想通貨によって、使用するネットワークが異なります。現状では多くの仮想通貨がバイナンススマートチェーン(BSC)ですが、他のネットワークへと指定がある場合は対応したネットワークのアドレスを入力しましょう。

・イーサリアムメインネット

・MATICメインネット

・BSCメインネット

その他HecoやOkexChainなど、細分化するとネットワークにはかなりの種類があります。ですが、現在エアドロップの受け取りに使うものは主にイーサリアムメインネットかBSCメインネットです。

ほとんどのプロジェクトのエアドロップで【BSC WalletAddress】などと指定があるので、よく確認してからウォレットアドレスを入力しましょう。

ちなみにウォレットアドレス要求メッセージでよく登場する「BEP」と「ERC」のふたつの単語ですが、BEPはBSCERCはETHのアドレスを指しています。

時々TRCなどが出てきますが、TRCはTRON(TRX)のネットワークアドレスですね。BEP WalletAddressと記載されていたらBSCのアドレスを、TRC WalletAddressと記載されていたらTRXのアドレスを入力するように、ネットワークアドレスを間違えないように気を付けましょう。