FX×仮想通貨 投資部
FX

Milton Marketsの評判は?特徴や口コミを紹介

Milton Markets評判や口コミ

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)は、頻繁に開催される入金ボーナスと口座開設ボーナスが魅力のFX業者です。最近では賞金100万円の1万円チャレンジが定番化し、SNSで見かけることも増えました。

しかしMilton Marketsの魅力はボーナスだけではありません。高い透明性と強固な約定力、そしてELITE口座の優れた低スプレッドが最もたる魅力です。

この記事ではMilton Marketsのメリットとデメリット、そして出金拒否の話題やリアルな評判を隅々まで解説します。

Milton Marketsの基本スペック

3種類の口座タイプを提供

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)は「FLEX口座」「SMART口座」「ELITE口座」と、特性の異なる3種類の口座タイプを提供しています。

それぞれの口座タイプの特徴は以下の通りです。

FLEXSMARTELITE
・初回入金額5,000円
・最大レバレッジ500倍
・スプレッドは広め
・初回入金額10,000円
・最大レバレッジ1,000倍
・スプレッドはやや広い
・初回入金額50万円(※10万円)
・最大レバレッジ500倍
・極狭スプレッド
・1ロットあたり0.2pipsの取引手数料が発生

FLEX口座はスプレッドが広めで、使い勝手がそれほど良くありません。SMART口座はFLEX口座よりも狭いスプレッドですが、他社の低スプレッド口座と比較するとやや見劣りしてしまいます。

ELITE口座は最もスプレッドが狭く、取引手数料も片道0.2pips(クロス円ペアで200円)と破格の安さです。極限まで安い取引コストで取引が可能なため、Milton Marketsの真髄はELITE口座にあると言ってもよいでしょう。

ELITE口座は以下のリンクからの開設すると、最低入金額が50万円から10万円に大幅ダウンします。ELITE口座をご検討の方はぜひお試しください。

最大レバレッジ1,000倍

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)のレバレッジは、SMART口座に限り最大1,000倍のレバレッジを利用できます。FLEX口座とELITE口座については、最大500倍までとやや控え目に設定されています。

ただし、すべての口座タイプで入金ボーナスの利用が可能なため、ボーナスを利用してレバレッジの底上げが可能です。ボーナスを活用すると、実際にはSMART口座で1,200倍~1,500倍相当、FLEX口座とELITE口座では600倍~750倍相当の取引が可能なため、レバレッジが気になる方は入金ボーナスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

NDD方式を採用

MiltonMarkets(ミルトン マーケッツ)の約定方式は、人為的な介入のない完全なるNDD方式を採用しています。そのため、約定拒否やリクオートは一切発生しません。

海外FX業界では、「NDDSTP」や「NDDECN」という約定方式が主流です。

STPとは?

STPは「Straight Through Processing」の略で、NDDの一形態としてトレーダーの注文を直接流動性提供者に転送しますが、ブローカーはトレーダーと流動性提供者の間の「中継者」として機能します。

ECNとは?

ECNは「Electronic Communications Network」の略で、トレーダー、銀行、その他の市場参加者が直接相互に取引を行える電子取引ネットワークを指します。DD方式のブローカーがECNのようなメカニズムを取り入れることは非常にまれですが、理論上は可能です。

Milton MarketsはSTPでもECNでもないDMA(ダイレクトマーケットアクセス)を採択し、限りなく透明性の高い注文執行を実現しています。

らっこ

Milton Marketsなら意地悪される心配もないね!

ストップアウト率は全口座50%

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)のストップアウト率(ロスカット水準)は全口座共通で50%です。最近は20%のストップアウト率が主流なため、やや高めな印象ですが、NDD方式を採択している業者では妥当な数値です。

極端に低いストップアウト率はブローカーの財務的なリスクに直結するため、50%という数値は健全な運営を目指している表れと言えるでしょう。

1.Milton Marketsの評判・安全性は?

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)は、最近徐々に知名度を上げてきているものの、XMTrading(エックスエム)やTitan FX(タイタンFX)などと比べるとまだ知名度の低いブローカーです。

そこで、Milton Marketsの評判や安全性について調査してみました。

金融ライセンスはグループで2種類を取得

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)の金融ライセンスは、様々なサイトでCySEC(キプロス金融サービス庁)やVFSC(バヌアツ金融サービス委員会)などと記載されていますが、Milton Marketsグループが2024年1月時点で保持しているのは、セントビンセント・グレナディーン諸島(SVG FSA)とセーシェル共和国(FSA)のライセンスのみです。

Milton Marketsが保有するライセンス

SVG FSA(セントビンセント・グラナディーン金融庁):1315 LLC 2021

FSA(セーシェル金融サービス庁):SD040

過去にはCySECとVFSCのライセンスを保持していましたが、現在は手放しており、日本向けにSVGライセンス、グローバル向けにFSAライセンスを利用してサービス展開を行っています。

セントビンセント・グレナディーン金融庁はFX業者やバイナリーオプション業者に対して専門的なライセンスを発行していないため、SVG FSAには単なるビジネスカンパニーとして登録されています。したがって、SVG FSAライセンス自体の信頼性は低いと言わざるを得ません。

登記住所はセントビンセント・グレナディーン諸島

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)は登記住所を以下のように公開しています。

会社名Milton Markets LLC
登記住所First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building, James Street, Kingstown, St Vincent and the Grenadines
会社設立日2021年8月10日

上記の住所は多数のFXブローカーが登記先として利用しています。よって、セントビンセント・グレナディーン諸島の住所はライセンス取得のために使用しているに過ぎません。

Milton Marketsのオフィスは以前までキプロスのニコシアに所在していましたが、CySECのライセンスを返上し、オフィスを引き払ってしまっています。さらに、Global版のMilton Primeの登記住所であるセーシェルも、GoogleMapでは辿り着けずオフィスの確認ができなかったため、現在のオフィスの位置は不明です。

たぬき

オフィスの所在地は公開してほしいね!

Milron Marketsのメリットと良い評判

口座開設ボーナスを実施している

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)は常時5,000円の口座開設ボーナスを実施しています。初回入金不要で取引をお試しできるため、FX初心者やMilton Marketsでの取引を試してみたい方にはうってつけのキャンペーンです。

ただし、出金条件はやや厳しく、利益の出金を行うにはボーナス付与から30日以内に3万円以上の入金と、入金後にメジャーおよびマイナー通貨ペアで7ロット以上の取引が必要になります。

それでも口座開設ボーナスはトレーダーにとって魅力的なボーナスです。利益が出たまま消失させてしまうのはもったいないので、一度お試しとして利用して、利益が出たら入金を検討するとよいでしょう。

入金ボーナスキャンペーンに積極的

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)では頻繁に20%~50%の入金ボーナスを開催しています。

Milton Marketsの入金ボーナスはクッション機能がありませんが、入金額以上の損失を抱えてもポジションを決済しない限りボーナスが削除されないため、含み損に耐える目的では大いに役立ちます。

賞金100万円の1万円チャレンジを定期開催

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)でもっとも魅力的なキャンペーンが、賞金最大100万円の1万円チャレンジです。わずか1万円の資金から100万円の賞金を手にすることができるこのトレードコンテストは、他社では類を見ない夢のあるキャンペーンです。

徐々に参加者が増えてきてはいますが、外国人の参加者がいない分まだまだ穴場のトレードコンテストです。

独自のスリッページ保証あり

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)は独自のスリッページ保証を導入し、トレーダーに確かな約定力を提供しています。スリッページ保証制度は、以下の条件を満たした場合に利用可能です。

・スリッページ幅が1pips以上
・約定時間が500ms以上
・約定時間がマーケットオープン・クローズ時前後60分以外
・約定時間が指標発表・ニュース等の前後30分以外

らっこ

スリッページ保証、他社にはないサービスだね!

ELITE口座のスプレッドが優秀

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)は一度「ELITE口座」を廃止しています。その後、ややスプレッドの広いFLEX口座とSMART口座でサービスを継続していましたが、ユーザーの希望により2024年1月にELITE口座を復活させました。

以前のELITE口座は最大レバレッジが200倍、そして初回入金額が100万円と高額であったため、利用者は資金力のあるトレーダーに限られていましたが、復活を遂げたELITE口座は最大レバレッジ500倍、初回入金額が50万円からと大幅に条件が緩和されました。

さらに、以下のリンクからMilton Marketsの口座開設を行うと、通常50万円の初回入金が必要なELITE口座を、なんと10万円から利用可能になります。Exnessのゼロ口座やプロ口座よりもお得な金額で、かつ同等の低スプレッド口座を利用できるチャンスです。この機会にぜひお試しください。

丁寧な顧客対応に定評あり

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)のカスタマーサポートは、ベテランの日本人スタッフが対応を行っています。公式SNSを見ても分かるとおり、親身で丁寧なサポートを行っていると定評があります。

クレームに対する対応が素早かったり、ツイッターで新サービス案を募集したりしているので、親しみやすさを感じている人も多いようです。

たぬき

利用者との距離が近いんだね!

一方で、違反者に対しては毅然とした対応を行う姿も見られ、サポートスタッフの対応力の高さやブローカーとしての信頼性も評価されています。

Milron Marketsのデメリットやネガティブな評判

親会社が倒産した過去がある

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)は、過去に親会社であるGCM(Gallant Capital Markets)社が倒産しています。

GCM社が2017年に倒産しているのは事実ですが、実際にはMilton Marketsは2016年にSVGライセンスを取得し独立組織としてサービスを移管しており、さらにGCMグループが破綻した2017年にはVFSCのライセンスを取得しています。

これらのことから、Milton MarketsはGCM社の倒産前から独立した組織としてしっかりとした経営基盤を築き、親会社の影響をものともしない証明を果たしています。

Axon MarketsやCXC Marketsとは全くもって無関係

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)はマイページがAxon MarketsやCXC Marketsと酷似しているため、関連性を疑われることがあります。

しかし、これはマイページにサードパーティ製のシステムを利用しているからであり、Axon MarketsやCXC Marketsのような業者とは一切関係ありません。

クレジットカード入金ができない

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)の入金方法は、国内銀行送金、bitwallet、STICPAY、USDTの4種類です。海外FX業者にしては珍しくクレジットカードの取扱がないため、日頃からクレジットカードまたはデビットカードでの入金を行っている方は不便に感じるでしょう。

ただし、bitwalletやSTICPAYへの入金はクレジットカードやデビットカードで行えるため、どうしてもカード決済で入金を行いたい場合はこれらのオンラインウォレットに入金することで解決します。

出金にやや時間がかかる

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)の残念なポイントは、出金時間の遅さです。すべての出金手段において3~5営業日を要するため、すぐに出金を行いたい方には不向きな業者です。

Milton Marketsによると、出金時間に関しては、ボーナスを提供しているためどうしてもチェックに時間がかかってしまうとのことでした。GEMFOREXの二の舞にならないよう、ボーナスの不正利用排除を徹底しているようです。

らっこ

確実に出金できる業者を目指しているんだね!

取引ツールがMT4のみ

ほぼ全ての海外FX業者は、取引ツールとしてMetaTrader4(MT4)やMetaTrader(MT5)を採用しています。

4と5なので、当然MT5の方が新型で、性能は大幅にアップしています。具体的には、MT4はインジケータをたくさん使用したりチャートをたくさん開いたりすると、フリーズや処理の遅れが発生します。

一方、MT5は多くのチャートやインジケーターを開いてもサクサクと動作します。さらに、スマホのチャート画面が2面にできたり、ポジションの一括決済が行えたり、PCのチャートにこれから発表される経済指標を表示させることができたりなど、様々な便利機能が追加されています。

MT5チャート分割
たぬき

性能だけならMT5の圧勝だよ!

しかし、Milton Markets(ミルトン マーケッツ)は旧型のMT4しか導入されていないため、MT5を利用することができません。プラットフォームはブローカーの利便性に直結するため、MT5の早急な導入が待ち望まれます。

出金拒否の口コミの真相

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)の口コミを見ると、何件か出金拒否と言われる事例が見られます。しかし、そのほとんどのユーザーがボーナスを利用した取引をしており、出金拒否というよりも規約違反を行ったために利益の出金が許可されなかった事例と考えられます。

最近はボーナスを悪用した結果出金ができずに、腹いせにSNSで騒ぎ立てる事例が急増しています。信頼性に欠ける新興ブローカーを除き、SNS上で出金拒否と騒がれているもののほとんどがボーナス悪用者による報復と言ってもよいでしょう。

Milton Marketsの口座開設方法

個人情報を入力

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)の口座開設は比較的スムーズに行うことができます。ますは以下のリンクから口座開設ページを開き、「氏名」「居住国」「メールアドレス」「電話番号」「生年月日」を入力しましょう。

Milton Markets口座開設画面

メールアドレスを認証する

個人情報の入力が完了すると、メールアドレス認証のメールが届きます、「メールアドレス認証」をクリックしましょう。

Milton Marketsメールアドレス認証

本人確認書類を提出する

「メールアドレス認証」をクリックすると、Milton Markets(ミルトン マーケッツ)のマイページへ遷移します。本人確認書類承認の「+提出」をクリックして身分証明書と住所確認書類を提出します。

Milton Markets本人確認書類を選択

必要事項を入力する

次に、必要事項入力の「+提出」をクリックします。

Milton Markets必要入力事項を選択

「国籍」と「所在国」を選択し、「外国為替取引(FX取引)やデリバティブ取引は高リスクを伴います~」にチェックを入れ「次へ」をクリックします。

Milton Markets必要入力事項

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)からの認証完了のメールを受信したら口座開設は完了です。

Milton Marketsのログイン方法

ログインをクリック

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)へログインするには、こちらのリンクをクリックするか、TOPページ右上の「ログイン」をクリックします。

Milton Marketsトップページ

メールアドレスとパスワードを入力

遷移先のページでアカウント登録に使用したメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックするとマイページへログインできます。

Milton Marketsログイン画面

Milton Marketsの入金方法・出金方法

入金方法と所要時間

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)の入金方法は、国内銀行送金、bitwallet、STICPAY、USDTの4種類です。以下の表に所要時間と最低入金額をまとめました。

入金方法所要時間最低入金額
国内銀行送金1営業日10,000円
bitwallet即時5,000円
STICPAY即時5,000円
USDT1営業日50USDT

出金方法と所要時間

出金方法所要時間最低出金額
国内銀行送金※13~5営業日5,000円
bitwallet※2100円
STICPAY100円
USDT指定なし
(※1)出金手数料として3.5%の手数料が発生します。
(※2)出金手数料として100円の手数料が発生します。

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)の出金時間は最低でも3日を要するため、早めの出金申請を心がけましょう。

また、一か月で二回以上の出金を行うと、二回目以降は3,000円の手数料が発生するので注意が必要です。取引で得た利益はできるだけまとめて出金を行うとよいでしょう。

Milton Marketsのまとめ

Milton Markets(ミルトン マーケッツ)はやや知名度の低いブローカーですが、中級者や上級者からはELITE口座の使い勝手や、取引の透明性の高さが評価されています。

最近では1万円チャレンジが話題を呼び、SNS上で見かけることも多くなりました。しかし、目にするユーザーのほとんどがMilton Marketsの良さを知らずに利用していることが残念でなりません。ELITE口座の取引コスト、そして強固な約定力を体験していただきたいものです。

透明性の高い環境で取引をご希望の方は、ぜひ一度Milton Marketsをご利用ください。