仮想通貨

【海外取引所の使い方】国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金する方法

Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)など、取り扱い銘柄も豊富で取引条件もいい海外取引所が気になる方も多いでしょう。

この記事では、海外取引所が初めての人でも利用できるように、国内取引所から海外取引所に仮想通貨を送金する方法を紹介します。

ちなみに、Binanceでは、下記の3種類の入金方法を用意していますが、日本人は銀行送金による入金を利用できないため、仮想通貨の送金か、クレジットカード入金を使用することになります。

・銀行送金(日本人不可)

・クレジットカード

・仮想通貨送金

国内取引所から海外取引所に送金する方法

ここでは、bitFlyer(ビットフライヤー)からBinance(バイナンス)に送金を行う方法を紹介します。

なお、仮想通貨といっても沢山の種類があり、それぞれ送金方法が微妙に違います。間違えて送金しまったら永久に取り戻すことは不可能です。

ご自身の大切な資金を失わないためにも、初めての方は必ず目を通しておいて下さい。

らっこ
らっこ
慎重に送金しよう!

送金元としてbitFlyerがおすすめな理由

他の国内取引所でも送金はできますが、BTC(ビットコイン)だけでなく、ETH(イーサリアム)、XLM(ステラルーメン)、MONA(モナコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)も板取引で売買可能なbitFlyerがおすすめです。

送金速度、送金コストを考慮すると、この中では最もXLMが優れており、XLMを使って送金することで送金コストを大幅に削減することが可能です。

bitFlyerは身分証の確認などにやや時間がかかりますので、早めに口座開設しておきましょう。

bitFlyer口座開設

ビットコイン(BTC)での送金方法

bitFlyer(ビットフライヤー)の入出金画面より「アドレスを登録する」を選択し、【外部アドレス登録のお手続き】のメールに沿って登録を進めましょう。

次にBinance(バイナンス)のウォレットから「フィアットと現物」を選択し、ビットコイン(BTC)の項目の「入金」ボタンをクリックします。

Binanceフィアットと現物

ネットワークにBTCを選択し、「アドレスを取得」をクリックします。出現したアドレスをbitFlyerのアドレス登録画面へコピー&ペーストしてアドレスの登録は完了です。

Binanceへのビットコイン送金

後は、bitFlyer側で先ほど登録したアドレスを選択し、送金したい数量を入力すると送金手続きは完了です。

bitFlyer送金情報入力画面

出金の際は、bitFlyerのウォレットアドレスをBinanceの送金画面へコピー&ペーストします。Binance側で出金したい数量を入力して送金します。入金、出金ともにおよそ30分~1時間程度で着金します。

ほとんどの取引所で入出金方法は同様の流れになります。また、自分のウォレットアドレスを外部サイトの「BLOCKCYPHER」に入力することで、トランザクションの承認回数を見ることも出来ます。トランザクションの追跡機能のようなものです

トランザクションの承認回数とは、自分のトランザクションが含まれるブロックの後に、何個のブロックが続いたかを示す数値です。仮想通貨取引所では、セキュリティ上の理由で、一定回数の承認を受けた場合に送金を処理する仕組みを採用しています。

イーサリアム(ETH)での出金も、ビットコインと同様の方法で行うことができます。

XLM・XRP・XEMなど、アドレスタグのある仮想通貨に注意

ビットコインやイーサリアムと違い、少し気をつけなければならないのがステラルーメン(XLM)・リップル(XRP)・ネム(XEM)などの入出金時です。

これらの仮想通貨には、ウォレットアドレスのほかに「MEMO」や「タグ」「メッセージ」と呼ばれる短い英数列も同時に入力しなければなりません。

これらを入力しなかった場合、仮想通貨は失われてしまいますので注意して送金を行いましょう。

MEMOはBinance側でアドレスの下に表示されます。

アドレスタグ

その他の入金方法

あまり条件はよくありませんが、海外取引所に入金する方法には、他にもクレジットカードでの仮想通貨購入や、オンラインウォレットのSTICPAYを使う方法があります。

クレジットカードで仮想通貨を購入

Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)でKYC(身分証確認)を完了していると、クレジットカードでの入金が可能になります。

正確には、クレジットカードでビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・テザー(USDT)などの仮想通貨を購入し、それを入金しているのですが、実質的にはクレジットカード入金と同様ですね。

たぬき
たぬき
急なチャンスが訪れた際には活用してみるのもいいかも! 

ただし、仮想通貨を市場レートで買う場合と比較すると、少し不利なレートで購入することになりますので、普段は国内の仮想通貨取引所から送金するのがいいでしょう。

なお、入金は最短で2分ですが、最長では30分程度掛かってしまう事もあるため、注意が必要です。

STICPAY経由での入金も可能

海外FX業者への入金方法として知られるSTICPAY経由でも、海外取引所への送金が可能です。

STICPAYには、日本国内の銀行から送金可能で、送金後にSTICPAY内部で法定通貨を仮想通貨へと両替出来る機能が利用できます。

両替を行うには、「WALLETS」の項目内の「Exchange」をクリックします。

STICPAY両替機能

STICPAYへはクレジットカード入金も可能なのですが、クレジットカードでの入金後に即仮想通貨に両替してしまうと、マネーロンダリング対策により出金制限が課される可能性があります。

Exnessなど、STICPAYでの入出金に対応している海外FX業者も増えてきたため、海外FX業者を利用している人は、海外FX業者からSTICPAYへと出金⇒仮想通貨へ両替し仮想通貨取引所へ入金なんてことも、スムーズに行うことが可能ですね。

デメリットは、STICPAYはどの入金方法を選択しても一定の手数料が発生してしまうことです。

おすすめの送金方法は国内取引所経由

クレジットカードやSTICPAY経由でも入金はできますが、ややコストがかかってしまいます。

一方、国内取引所の取引所サービスで仮想通貨を調達した場合、コストを抑えることができます。

海外取引所を利用する際は、bitFlyer(ビットフライヤー)やCoincheck(コインチェック)などの国内取引所でまず口座開設して送金に利用しましょう。

【bitFlyer】国内No.1のビットコイン取引量! メリット・デメリットを徹底解説bitFlyer(ビットフライヤー)は国内でも№1のビットコイン取引量がある仮想通貨取引所です。人気の仮想通貨13種類から選んで売買ができるので多くの人が利用しています。この記事では、ビットフライヤーのメリット・デメリットを徹底解説します。...