FX×仮想通貨 投資部
FX

XS.comの評判は?特徴や口コミを紹介

XS.com評判や口コミ

XS.com(エックスエス)は、B2B企業として10年以上の歴史を持ち、グローバルで信頼されるブローカーです。B2B企業で培った豊富な経験を活かし、先進的なテクノロジーで極狭スプレッドと深い流動性へのアクセスを可能にしています。

XS.comはグループ全体でCySECやASICの金融ライセンスを保持し、リテール向け企業では新興ブローカーでありながらも高い信頼性を兼ね備えています。最大500万ドルまでの補償保険にも加入し、厳格なレギュレーションの規制遵守と資金の安全性を最優先する経営姿勢は、出金トラブルが起きにくい安全な業者と評価してもよいでしょう。

また、一見するとボーナスのない玄人志向の海外FX業者ですが、スプレッドの狭いマイクロ口座やセント口座を実装し、初心者から上級者までさまざまなユーザーのニーズを満たすサービス提供を行っています。

この記事では、B2Bブローカー出身ならではの優れた取引条件が特徴の「XS.com」について解説します。

XS.com(エックスエス)の概要

XS.com(エックスエス)は、B2B事業を基盤にした新興ブローカーで、ハイスペックな取引環境を提供しています。表面上は最大レバレッジ1,000倍、ロスカット水準20%と一般的なスペックを持ちますが、その真価は流動性プロバイダーとしての極めて狭いスプレッドにあります。

たぬき

B2Bは「企業対企業」、B2Cは「企業対個人」のビジネスモデルの略称だよ!

XS.comの基本スペック

取引プラットフォームMT4/MT5
最大レバレッジ2,000倍
スプレッド0.0pips~
ロスカット水準20%(※1)
取扱銘柄799種類
基本通貨USD/USC/EUR/JPY
取引手数料無料(※2)
ゼロカットあり
ボーナスなし
最小入金額設定なし(※3)
EAの利用可能
入出金手数料無料
日本語対応あり
サポート対応時間9:00~25:00
(※1)セント・マイクロ口座のみ10%
(※2)エリート口座のみ片道3USDの取引手数料が発生
(※3)セント口座・マイクロ口座・スタンダード口座のみ

XS.comは海外FX業者としての基本的な機能を備えるだけでなく、申請不要のゼロカット対応、アクセスしやすいカスタマーサポート対応時間、入出金手数料を完全無料にするなど、ユーザーにとって良心的なサービスを隅々まで行き届かせています。

最大レバレッジ2,000倍|ダイナミックレバレッジを採用


XS.com(エックスエス)は最大2,000倍のレバレッジを提供しています。ただし、保有建玉数量によってレバレッジが変動するダイナミックレバレッジを採用しているため、取引の際はレバレッジ制限に注意が必要です。

銘柄グループ毎の最大レバレッジ

銘柄グループ最大レバレッジ
メジャー通貨・ゴールド2,000倍
マイナー通貨・インデックス・原油・BTC・ETH500倍
エキゾチック通貨・シルバー200倍
マイナーインデックス・プラチナ・パラジウム100倍

主要銘柄グループのダイナミックレバレッジによるレバレッジ制限は以下の通りです。

メジャー通貨のレバレッジ制限

ロット数レバレッジ
0~22,000倍
2~101,000倍
10~50500倍
50~100200倍
100~200100倍
200以上25倍

ゴールドのレバレッジ制限

ロット数レバレッジ
0~22,000倍
2~51,000倍
5~10500倍
10~20200倍
20~40100倍
40~8050倍
80以上25倍

株価指数のレバレッジ制限

ロット数レバレッジ
0~5500倍
5~25200倍
25~50100倍
50~10050倍
100~20025倍
200以上10倍

BTC・ETHのレバレッジ制限

ロット数レバレッジ
0~2500倍
2~10200倍
10~2050倍
20~3025倍
30~4010倍
40以上5倍
レバレッジ制限は2種類!

海外FXのレバレッジ制限には、「エクイティレバレッジ」と「ダイナミックレバレッジ」という二つのタイプが存在します。エクイティレバレッジは、トレーダーの証拠金残高に基づいてレバレッジが制限される仕組みです。

一方で、XS.comが採用しているダイナミックレバレッジは、保有している建玉数に基づきレバレッジが調整されるシステムです。ダイナミックレバレッジは、銘柄ごとに制限が異なるためやや複雑ですが、少額で運用するトレーダーにとっては取引において大きな柔軟性を発揮し、有利に働く可能性があるレバレッジ制限の形式です。

ロスカット水準は口座タイプによって異なる

XS.com(エックスエス)のロスカット水準は20%です。ただし、セント口座・マイクロ口座に限り10%のロスカット水準が採用されています。

口座タイプセント・マイクロスタンダード・エリート・プロ
ロスカット水準10%20%

XS.comのセント口座・マイクロ口座は他社と比較してスプレッドが狭く、取引できる銘柄も多いため、日頃からセント口座やマイクロ口座を利用しているユーザーにとってもXS.comは利用価値のあるブローカーと言えるでしょう。

⇩ セント口座・マイクロ口座の特徴を見る

エリート口座のみ3USDの取引手数料が発生

XS.com(エックスエス)の口座タイプでは、エリート口座のみ片道3USDの取引手数料が発生します。ただし、スプレッドは全口座で最も狭く設定されているため、他の口座タイプよりもストップロス位置の選定が容易になるメリットがあります。

スタンダード口座やプロ口座では、ストップを置く際にスプレッドの値幅を考慮しなければなりませんが、エリート口座ではスプレッドの影響をあまり受けずに取引できることがメリットです。

スプレッドはExness以上に狭い

XS.com(エックスエス)は、Exness(エクスネス)の元CEOやExness出身のメンバーが在籍していることもあり、Exness以上の取引環境を実現しようと日々努力しています。その思いが顕著に現れているのがプロ口座のスプレッドです。

以下の表は、XS.comとExnessでそれぞれ最も狭いスプレッドを提供するプロ口座のスプレッドを比較した表になります。

XSのスプレッド比較(pips表記)

取引銘柄XS.com
プロ口座
Exness
プロ口座
USDJPY0.70.7
AUDUSD0.70.9
GBPJPY1.41.8
XAUUSD1.31.3
US301.84.7

さらに、XS.com(エックスエス)のプロ口座はExnessのプロ口座と違ってリクオート(約定拒否)が発生しません。Exnessのプロ口座の弱点を克服したよりハイスペックなプロ口座となっています。

リクオートってなに?

海外FXで発生する「リクオート」とは、トレーダーが特定の価格で取引を行おうとした際に、ブローカーから新しい価格が提示されることです。リクオートが発生するのは主にB-book業者で、市場の価格が急速に変動している時や流動性が低い時によく起こります。しかし、顧客の注文をマーケットに直接流す(A-book)としているXS.comでは、リクオートがほぼ発生しません。

スワップポイントはやや優秀

XS.com(エックスエス)のスワップポイントは、業界全体で見るとやや優秀な数値となります。以下の表は、XS.comのスワップポイントを「XMTrading(エックスエム)」「Titan FX(タイタンFX)」と比較した表です。

XSのスワップポイント比較(ロング/ショート)

取引銘柄XS.comXMTradingTitan FX
USDJPY15.53/-32.0112.3/-30.311.2/-25
EURUSD-6.97/2.15-7.28/1.12-7.41/1.17
USDTRY-8434/141-4128/512-2511/380
XAUUSD-42.26/14.76-41.5/19.0-35.7/14.2

トルコリラやゴールドのスワップポイントはイマイチな結果となりましたが、ドル円やユーロドルのスワップは3社中最もプラススワップが多く設定されています。ただし、それに伴いマイナススワップも多くなっているため、マイナススワップのポジションを長期保有される際は、他社での長期保有を検討してもよいでしょう。

たぬき

スワップフリーはExnessがおすすめだよ!

XS.com(エックスエス)の安全性・信頼性

XS.com(エックスエス)は2010年にB2Bブローカーとしてオーストラリアで設立し、機関投資家やブローカーに流動性を提供していた実績を持ちます。2023年に元Exness(エクスネス)のMOHAMAD IBRAHIM氏がCEOに就任し、B2C企業としてのサービスをスタートさせています。XS.comの企業詳細は以下の通りです。

会社名XS Ltd
設立2023年(※)
登記住所Office No. 13, Third Floor, Ebrahim Building, Victoria, Mahe, Seychelles
金融ライセンスセーシェル金融サービス庁(FSA):SD089
資金保管方法分別管理
補償保険500万ドルまでの補償保険に加入
メールアドレスsupport@xs.com
電話番号+248 4671916
※B2B事業を行うXS.comは2010年にオーストラリアで設立

信頼性の高いCySEC・ASICの金融ライセンスを保持

XS.com(エックスエス)グループは、その信頼性を示す証として、複数の厳格な金融ライセンスを取得しています。同グループが保有する金融ライセンスは以下のとおりです。

  • CySEC(キプロス金融サービス委員会)
  • ASIC(オーストラリア証券取引委員会)
  • FSA(セーシェル金融サービス庁)

特にCySECライセンスは、その取得基準の厳しさで知られ、XS.comが保持していること自体が財務健全性や経営基盤の強さを物語っています。

日本向けのサービスでは、規制が緩いFSAライセンスを利用していますが、これは安全性が低いことを意味するわけではありません。CySECやASICのような厳格な規制下では提供可能なレバレッジが限られるため、より高いレバレッジを求めるユーザーのニーズに応えるためにFSAライセンスを選択しています。

さらに、ユーザーの不安を和らげるため、XS.comはブローカー向けの補償保険に加入しており、ハイレバレッジと安全性のバランスを取りながら、優れたサービスを提供しています。

補償保険加入で出金拒否の心配なし

日本市場に新たに進出したXS.com(エックスエス)は、トレーダーの安心を重視し、最大500万ドルのブローカー向け補償保険に加入しています。この保険は、顧客とブローカーの間でトラブルが発生した際に、Lloyd’s of Londonの公平な裁定に基づいて最大500万ドルまで補償する保険です。

出金拒否を行う海外FX業者は、トレーダーにとって最も避けたいものです。XS.comは安全性の裏付けとして補償保険に加入していることから、他社と比較して出金拒否は起きにくい業者と言えるでしょう。

最近の海外FX業界では出金拒否トラブルが増加し、トレーダーたちの間で安全性に対する懸念が高まっています。そんな状況の中、新興ブローカーであるXS.comは出金トラブルに対する安全性を高め、多くのトレーダーに安心感をもたらしています。

たぬき

500万ドルも補償があれば安心だね!

安全性と信頼性を重視した真摯な運営体制

XS.com(エックスエス)は、透明性と信頼性に重きを置き、業界によくある小さな虚偽やごまかしを避け、ユーザーに真摯に対応することを心掛けています。

B2Bブローカーとしての豊富な経験を持つXS.comは、FXブローカーが直面するリスクを深く理解しています。そのため、過激なサービスを避け、安全で安心できるサービスの提供を行っています。

ブローカーがリスクを控えることは、ユーザーにとって大きな利点です。無制限のレバレッジや入金ボーナスは提供していませんが、確実なサービスを通じて安心して利用できる、信頼性の高いFXブローカーであることを目指しています。

元ExnessのMOHAMAD IBRAHIM氏がCEOに就任

XS.com(エックスエス)は、最高経営責任者(CEO)として、Exness(エクスネス)のMOHAMAD IBRAHIM氏を迎えています。

2019年10月にExnessに入社したIBRAHIM氏は、ドバイを拠点とするMENA地域で3年間エリアマネージャーを務めた人物です。彼はExnessの取引環境をよく理解しており、XS.comをExness以上のブローカーにするための強い意欲を持っています。

そのため、XS.comは安全性や信頼性が高いだけでなく、Exness以上の低スプレッドを目指し、卓越した取引環境を実現しています。

XS.comの評判は?メリットと口コミを紹介

XS.com(エックスエス)は日本に上陸したばかりで、SNS上の口コミがまだ見られません。しかし海外での評判は上々で、大手口コミサイトの「REVIEWS.io」では167件のレビューと93%の高評価を得ています。

この章では、海外の口コミサイトで良い評判を得ていた項目について解説します。

B2Bブローカーならではの深い流動性

XS.com(エックスエス)は、LP(リクイディティプロバイダー)としての実績を活かし、新興ブローカーでありながらも豊富な流動性を提供する海外FX業者です。

流動性が深ければ深いほど、トレーダーにはより優れた価格での取引が可能となり、結果として狭いスプレッドと快適な取引環境が生まれます。

技術力や資本力がしっかりしていなければ深い流動性を確保できません。つまり、XS.comが信頼性と実力を兼ね備えた海外FXブローカーであることを意味しています。

業界トップレベルの低スプレッド

XS.com(エックスエス)は、大手各社を凌駕する低スプレッドを実現しています。

レバレッジ以外はExness(エクスネス)とほぼ同等の環境でトレードが可能なため、Exnessの乗り換え先としても候補に挙げることができるでしょう。無制限レバレッジよりも、経済指標時のレバレッジ制限に左右されず、安定したトレードを行いたい方におすすめです。

以下の表では、XS.comのスプレッドを、低スプレッド業者として定評のある「Exness」「ThreeTrader(スリートレーダー)」と比較したものです。

3社のスプレッドを比較(pips表記)

取引銘柄XS.com
プロ口座
Exness
プロ口座
ThreeTrader
RAWゼロ口座
USDJPY0.70.70.7
EURJPY1.11.30.9
GBPUSD0.70.70.7
US301.94.76.3
XAUUSD1.31.31.3
BTCUSD8.514.331.6

見ての通り、XS.comの提供するスプレッドは、業界屈指の低スプレッドであることがわかります。特に株価指数、貴金属、仮想通貨(暗号資産)の分野では、他社を大きく引き離す極めて狭いスプレッドを提供しており、XS.comの競争力の高さを示しています。

セント口座・マイクロ口座が優秀

XS.com(エックスエス)のセント口座・マイクロ口座は、スタンダード口座と共通のスプレッドで取引が可能です。そのため、他社のセント口座やマイクロ口座と比較して取引がしやすいことが特徴です。

セント口座・マイクロ口座のスプレッド比較(pips表記)

取引銘柄XS.com
セント・マイクロ口座
Exness
スタンダードセント口座
XMTrading
マイクロ口座
USDJPY1.11.62.5
EURUSD1.11.01.8
XAUUSD1.72.03.4
US302.2(※)2.9
(※)セント口座では取扱なし

狭いスプレッドで取引できるセント口座やマイクロ口座は現状XS.comとExnessに限られます。XS.comではExnessのスタンダードセント口座にない株価指数の取引が可能なため、Exnessよりも使い勝手のよいセント口座・マイクロ口座として活躍するでしょう。

799種類の多彩な取引銘柄

XS.com(エックスエス)は、トレーダーの多様なニーズに応えるべく、通貨ペア、貴金属、株価指数、株式、エネルギー、仮想通貨など幅広い取引商品を提供しています。さらに、さまざまな先物取引も取り扱っており、投資の選択肢を豊富にしています。

オレンジジュースや綿などの特殊な取引銘柄は提供していませんが、XSのユーザーは主に通貨ペアや貴金属の低スプレッドを求めるユーザーが多いため、提供されている取引銘柄に対して不満を持つユーザーは少ないと考えられます。XS.comは、その競争力のあるスプレッドと多様な商品ラインナップで、世界中の多くのトレーダーに選ばれているのです。

入金・出金や資金移動がスピーディ

海外FX業界では、入金や出金、資金移動の速度もトレーダーの信頼を得るための重要な要素です。チャージバックの手続きが必要なクレジットカード出金を除き、ほぼ全ての入出金手段で45分以内に処理が完了する迅速さを実現しています。

多くのブローカーが処理に数日を要する中、XS.com(エックスエス)は素早い資金反映を実現し、ユーザーに大きな安心感を与えています。このスピード感は、トレーダーにとって価値あるサービスのひとつとして、XS.comの信頼性をさらに高める要素となっています。

手間のかからない口座開設手順

XS.com(エックスエス)は口座開設プロセスがシンプルなため、数分で口座開設が完了します。多くの他社ブローカーが身分証明書と居住証明書の2つの書類を要求する中、XS.comでは運転免許証またはマイナンバーカードのいずれか1枚のみで本人確認が可能です。

このシンプルなKYCプロセスはライセンス基準に準じており、コンプライアンスを軽視しているわけではありません。口座開設を容易にすることで、XSはより多くのトレーダーにアクセスしやすい環境を提供しています。

XS.comのデメリットは?ネガティブな評判を紹介

XS.com(エックスエス)のネガティブな評判は、海外のレビューサイトを見てもほとんど見つけることができませんでした。そのため、この章では他社とXS.comを比較したデメリットや、実際に利用して不便に感じた項目を紹介します。

サービス内容の変更が頻繁

XS.com(エックスエス)は、日本市場へのサービス提供を開始して間もないため、レバレッジやスプレッドなどの部分で、まだ最適な方向性を模索している段階が見受けられます。エクイティレバレッジからダイナミックレバレッジへの変更や、ゴールドや仮想通貨のレバレッジ倍率変更がその一例です。

ただし、これまでにサービスの質を低下させるような改悪は行われておらず、日本のトレーダーに合ったサービスを提供しようとする姿勢は明確です。試行錯誤しながらも、今後さらに良質なものに進化することが期待されます。XS.comは、トレーダーのニーズに合わせた安定かつ充実したサービスを提供するブローカーへと成長していくことでしょう。

口座開設ボーナスや入金ボーナスがない

XS.com(エックスエス)は口座開設ボーナスや入金ボーナスの提供を行っていません。今後も提供する予定はないとのことです。

トレーダーにとって口座開設ボーナスや入金ボーナスは魅力的ですが、これらのボーナスを提供すると必ずアビューズ行為を行う者が現れるため、一般顧客の出金が遅延したり、あらぬ疑いをかけられたりと、致命的なデメリットにつながる可能性があります。

そのため、ボーナスに頼らず運営を目指すXS.comの健全な姿勢は、むしろ高く評価すべきと言えます。

含み益の資金移動ができない

Exnessでのメリットとして、資金移動後の証拠金維持率が100%以上であれば、含み益も資金移動できるメリットがありますが、XS.com(エックスエス)では確定された口座残高しか資金移動できません。

また、資金移動後の証拠金維持率が100%以上である必要があるため、含み益が乗った時にしか残高全額を移動することができません。

また、Exnessと異なりXS.comはロスカット水準が20%のため、証拠金を抜いてロスカットを損切にするような戦略には向いていません。

XS.com(エックスエス)の口座開設方法

XS.com(エックスエス)の口座開設方法は他社と比較してシンプルです。さらに、KYCに必要な書類も1種類で本人確認が完了します。

個人情報を入力する

  1. 住所、指名、メールアドレス、電話番号、設定するパスワードを入力し、メールアドレスの認証を済ませます。
  2. 性別、生年月日、国籍を入力します。
  3. 取引経験と財務状況を入力します。

本人確認書類を提出する

個人情報をすべて入力したら、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの本人確認書類を提出して完了です。

以下の記事ではXS.com(エックスエス)の口座開設方法を図解していますので、詳しい手順を知りたい方はぜひご覧ください。

XS.com口座開設方法
【XS.com】の口座開設方法を図解!書類ひとつでかんたん口座開設話題の新興ブローカー、XS.comの口座開設方法を図解しています。ハイレバレッジ・低スプレッドのハイスペック口座をぜひお試しください!...

XS.comの入金方法・出金方法とその所要時間を解説

XS.com(エックスエス)の入金・出金方法や所要時間は他社と比較して充実しています。国内銀行送金、クレジット/デビットカード、仮想通貨、オンラインウォレットと網羅しているため、入出金方法に困ることはないでしょう。

入金方法と所要時間

入金時の所要時間は、そのほとんどが以下の表に記載している時間よりも早く着金します。ただし、入金BTCやETHでの入金時はトランザクションの込み具合にも依存します。また、国内銀行送金時はモアタイムシステムに加入していない銀行から振込を行うと、夜間や休日に着金しませんので注意しましょう。

入金方法反映期間最低入金額
国内銀行送金(1)1時間以内1,000円
国内銀行送金(2)1時間以内70万円
国際銀行送金1~7営業日250ドル
クレジット・デビットカード即時20ドル相当額
仮想通貨
(BTC・ETH・USDT)
30分以内50ドル相当額
MiFinity1時間以内10ドル相当額
STICPAY1時間以内10ドル相当額
bitwallet30~45分以内100円
Perfect Money30~45分以内50ドル相当額

出金方法と所要時間

XS.com(エックスエス)からの出金は、ほとんどが当日に処理されますが、祝日や週末は処理が行われない場合があります。

しかし、仮想通貨とオンラインウォレットは例外で、年末年始などの祝祭日でも出金することが可能です。そのため、どうしても迅速に出金を行いたい場合には、仮想通貨またはオンラインウォレットでの出金がおすすめです。

ただし、オンラインウォレットからの出金は、多くが平日に限られるため、週末などに出金を行いたい方は仮想通貨での入出金を利用しましょう。

出金方法所要時間最低出金額
国内銀行送金(1)1営業日1,000円
国内銀行送金(2)1営業日80,000円
国際銀行送金1~7営業日250ドル
クレジット・デビットカード10営業日5ドル相当額
仮想通貨
(BTC・ETH・USDT)
30分以内10ドル相当額
MiFinity30分以内10ドル相当額
STICPAY30分以内10ドル相当額
bitwallet30~45分以内100円
Perfect Money30~45分以内15ドル相当額

入金額までは入金時と同じ方法で出金が必要

出金方法で注意したいのが、入金額までは入金時と同じ方法でしか出金できないことです。つまり、銀行送金で10万円を入金していた場合は、10万円まで銀行出金を行わないとその他の方法で出金が行えません。

2023年の年末は、決済代行業者の休日の影響で、12月29日から翌年の1月4日まで仮想通貨とオンラインウォレット以外での出金が行われませんでした。入金時は出金時の事も考慮して入金方法を選択してください。

XS.comのポテンシャルは評判以上!

XS.com(エックスエス)は、卓越した取引環境と安心安全のサービスを提供し、あらゆるレベルのトレーダーに適した海外FX業者です。

特に、Exnessを利用していてレバレッジ制限に不満を覚えるトレーダーには最適な移行先となるでしょう。MT5を提供している業者の中では業界屈指の低スプレッドを誇るため、Exness以上の取引結果を得られるかもしれません。

また、資金の安全性に関しても万全です。500万ドルまでの補償保険はもちろん、XS.comの迅速な出金処理は多くのトレーダーに安心感をもたらします。

優秀な取引環境、そして高い資金の安全性を兼ね備えた堅守猛攻なXS.comで、新たな取引をはじめてみてはいかがでしょうか。